<< Tuesdays with M... お正月 >>
The Alchemist
e0104027_1905918.jpgThe Alchemist
Paulo Coelho / / Harper San Francisco












かなり前に読んだ本で、感想もかなり前のものなのですが、自分の記録的に記事にしてみました。

**************

これは数年前にアメリカ、ヨーロッパでベストセラーになっていた本です。おそらく日本でも多分売れた翻訳本の一つなのでは?私は天邪鬼で、巷で人気がある物にはあまり手を出さないので、今までこの本を手にする機会がなかった。最近長めの休暇を取ったので、沢山本を持っていきたいと思って本屋に行った。ドイツの本屋で手に入る英語の本はやはり限られている。そんなちょっと狭い選択肢の中で、ぱらぱらと何冊かを拾い読みしていてこの本に目が留まった。

まず最初の感想は、「読みやすい!」休暇に行ってまで難しい英文学の本など読みたくないけれど、これは本当に読みやすい英語の本だと思う。

話はスペインとエジプトを舞台にしたファンタジー。スペインからエジプトを旅する間に起こる様々な経験を通して、主人公の少年が成長していく。夢とは何か、勇気とは何か、人生、そして愛とは何か。とても難しいテーマを少年の成長に上手く織り交ぜている。ハッピーエンドのお話で読み終わり感は「さわやか」。

色々と自分の生き方や将来のことを考えながら読んだので、私にとってはとても印象に残る本となりました。

読み終わった後で、この本から何かを学べるか、それとも「そんなこと言っても所詮小説は小説、現実は現実」と思うか。それは本人次第と言うところでしょうか。
[PR]
by kuerbis19 | 2008-01-04 01:19 | 読書
<< Tuesdays with M... お正月 >>