親切な?森のくまさん
e0104027_16525427.jpg 赤ちゃんにしては比較的いつもご機嫌なアンくんですが、夕方頃になると一日の疲れ(?)からかご機嫌が急降下。だっこしてもあやしても「ふぇ〜ん ふぇ〜ん」という感じで泣き止まない時があります。そんなときに効果てきめんなのが歌。なんでも良いからリズムをつけて歌にするとアンくんは徐々に泣き止んで興味津々で聞き入っています。

そんな中、せっかくなら日本の童謡を歌おうと思ってまず口をついてでてきたのが「森のくまさん」。「ある〜ひ もりのな〜か くまさ〜んに でああった はなさっくもっりのみっち〜 くまさ〜んにでああった〜」っと調子良く1番はクリアしたものの、2番からは???。童謡の歌詞って意外と忘れているものですね〜。私が一生懸命2番目の歌詞を思い出そうとして口をモゴモゴさせている間にアンくんの口がふにゃ〜とゆがんできて泣きモードに。慌ててインターネットで歌詞のチェックして全曲歌いきりました。ほっ。それ以来森のくまさんは私の十八番。いつも歌ってるからヨーイまで鼻歌で歌ってるほど(笑)。

それにしても森のくまさんの歌詞って不思議ですね。「くまさんの いうことにゃ おじょうさん おにげなさい ・・・・ 」というのが2番目の出だしなんですが、森の中で出会ったくまさんに(それだけで私なら逃げ出しますが)、「お逃げなさい」と言われるということは、背後に一体何が待っているのか・・・。優しい森のくまさんが仲間から守ってくれたのか。う〜ん、奥が深いミステリアスな歌詞です。

ヨーイにもアンくんが泣きそうな時は歌を歌うようにと言ってあるのですが、ヨーイはあまりドイツの童謡を知らない模様。昨日私が台所に居たときに居間から聞こえてきたのは・・・、赤鼻のトナカイ(苦笑)。まあいいんですけどね、とりあえず歌であれば今のところは。
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-05-18 17:01 | アン太郎
お食い初め
e0104027_415716.jpg


日本を離れていてもアンくんにはできる限り日本の行事を体験させてあげたいなと思ってはいるものの、すぐに忘れてしまってなかなか実行に移せていない私。そんな中、最近よくお邪魔しているマルセイユ食堂 南仏楽笑伝のちび丸くんがお食い初めをしてもらっているのを見て、アンくんにもどうしてもこの行事をしてあげたくなりました。

お食い初めとは、皆さんご存知の通り、「一生食べる物に困る事がありませんように」という願いを込めて、生後100日(頃)の赤ちゃんに食事をする真似をさせる儀式の事。人生何があっても、まず美味しいものを食べることができる毎日が一番大切と信じて疑わない私は、アンにも食べ物に恵まれた人生を送って欲しい。そんな願いを込めて、生後100日からは数日過ぎたけれど(ここら辺からすでにかなりアバウト)今日やっとお食い初め儀式の決行となりました。

最初はドイツらしくじゃがいもでなんて考えていたのだけれど、マルクト(朝市みたいな市場)に行ったらとてもりっぱなDorade(鯛の一種)を見つけたので和食で頑張ってみる事に。赤飯の代わりに(?)炊き込みご飯。お吸い物の代わりにみそ汁。新鮮なほうれん草を見つけたのでおひたしに。

正式な儀式にはメニューや儀式の進行の仕方に色々と決まりがあるみたいだけれど、わが家は取りあえずこんなメニューで、順番とかバラバラですべての料理をアンくんに食べさせる真似をしてみました。かなりゆるゆる儀式。

アんくんの反応は・・・、
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-05-08 03:56 | アン太郎
雨ニモマケズ
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコワガラナクテモイイトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイイ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ


この詩を耳にするたびに、そして鼻がつーんとなるたびに、私は日本人だなと実感し、そういうものに私もなりたいと思う。
[PR]
# by Kuerbis19 | 2011-05-05 05:20 | 言葉のチカラ
オリーブオイルと赤ちゃんの乾燥肌
e0104027_23231946.jpg ヨーイも私も乾燥肌でアレルギー肌。そんな両親を持ったアンくんも悲しい事に異常なほどの乾燥肌。本当にすごい乾燥肌で、服を脱がすと辺りに乾燥して剥がれた皮膚の粉が飛び散るほど(汗)。今までのところ至って健康なアンくんですが、ヨーイも私もこの乾燥肌の事がとても心配だったので、この前の3ヶ月検診の時に相談してみました。

小児科のお医者さんが勧めてくれたのは、沐浴時にお湯の中にオリーブオイルを数滴混ぜてみるということ。料理に使う普通のオリーブオイルで良いとの事だったので半信半疑で試してみたら、これが素晴らしく良いのです。すでに3回使ったのですが、アンくんの乾燥肌はかなり改善されました。ちなみに乾燥気味だった私の手もすべすべに。もちろん人(赤ちゃん)によって効果に違いはあると思いますが、試してみる価値大です。
[PR]
# by Kuerbis19 | 2011-05-03 16:12 | アン太郎
Stokke
e0104027_2030324.jpg Stokke社製のハイチェアーはドイツの家庭で一番良く使われているのではないでしょうか。わが家も例に漏れずStokkeを購入。別にブランドにこだわった訳ではないけれど、写真にあるように赤ちゃんでも座れるような椅子(?)も装着できる点が気に入って買いました。この椅子が来るまでは、ヨーイと私がテーブルで食事をしている間アンくんは床におかれた赤ちゃん用の椅子に座っていたので、目線がすごく低くなって私達の顔が見えないのでつまらなくなってすぐにぐずり始めてしまいました。この椅子を使い始めてから、私達の食事中もアンくんが私達の顔をきちんと見れるし、私達も食事をしながらあやせるので、大抵がご機嫌で私達も食事が(比較的)ゆっくりと取れるようになりました。私達的にはこの椅子はとても良い買い物だったと思います。説明書には一応生後6ヶ月まで使用できると書いてありますが、ビッグベイビーのアンくんは3ヶ月の今の時点でもう足がかなりはみ出しています(汗)。果たして後どれくらい使えるのでしょうか。
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-04-27 20:50 | アン太郎