Vincent will Meer
アン太郎(今日からアン君改め、アン太郎とさせていただきます。”君”ていう感じではなくて”太郎”という感じの赤ちゃんなので・・・。笑)が生まれてから実感するのは、時間の使い方がとても大切だという事。朝起きた時からまず今日の予定を頭の中でリストにして、アン太郎が寝ている間にした方が良い事、起きていてもできる事、そしてその中で優先順位を考えて。まさにスーツケースを無駄無く詰めていく要領で、24時間の中にやるべき事を上手く納めて少しでも隙間を見つけてアン太郎との時間、そして自分の時間にする。まあもちろん気ままなアン太郎が相手なので、さあまさに出かけるぞ思っている時にお尻の辺りからプーンと匂いがして来て、オムツ替えのためすべて最初からやり直しとか(涙)、ご機嫌斜めで全く一人で遊んでくれない日とか、まあもちろん私が思ったようにはいかないから、柔軟性も必要となってくる。そしてもちろん忍耐力。いや〜、育児は育自とは良く言った物ですね。

というのは前置きで(←長い)、まあそんなこんなで最近はアン太郎も大きくなってきて、夜ヨーイと二人でDVDを見るというような事もできるようになって来たわけです。まあそんな事は週一くらいなんですけど、それでも嬉しい。というわけで今日はヨーイ妹が面白かったと言っていたドイツの映画'Vincent will Meer'を見ました。

Vincent Will Meer [DVD]

Vincent Will Meer / Pid



内容的にはトゥレット障害、摂食障害、強迫性障害を持つ三人の若者達のロードムービー的な映画。Florian David Fitzが脚本を書き主役を演じています。障害を持つ人達の話だけれども、暗くなりすぎず、ユーモアを上手く交えている点はなかなかだと思ったけれど、なんだかちょっと底の浅い映画だというのが私の感想です。全体的に、現実はそんなに簡単には行かないよな、という点が多すぎだった。でもFlorian David Fitzはトゥレット障害者をとても上手に演じていた。
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-07-03 23:11 | 映画館
ピーカン アーモンド マフィン
e0104027_15555896.jpg
 

わが家の近所にあるヨーロッパ一長いという噂のマルクト(市場)/ Isemarktにあるマフィン屋さんで買うピーカン アーモンド マフィンがおいしい!私はマフィン(アメリカンマフィンの方です)が大好きなので、色々と食べ比べをしているのだけれど、ドイツで食べるマフィンって油っぽいし、生地にもモッチリ感が足りないし、半分食べると胸焼けがしてくる。でもここのマフィンは生地はあっさりしているし、生地にスパイスがいっぱい練り込まれているし、生地の食感がとてもいい。それに加えて中に具(?)が沢山入っているのも嬉しい。このピーカン アーモンドはカラメルでコーティングされていてとっても香ばしい。他にも色々な種類があるのだけれど、迷って決められないといつもこのピーカン アーモンドを選んでしまいます。行くとマフィン屋のお兄さんにも「今日もピーカン?」って聞かれるくらい(笑)。一体どれだけ通いつめているのか。

市場に出ている屋台のような店だけれど、きちんとオーブンがあって、お兄さんが売れ行きを見ながら焼いているので比較的焼きたてのマフィンが食べられるのも嬉しいところ。大人気なので結構早い時間に売り切れてしまうので注意が必要ですが、一人で店を切り盛りしているお兄さんもとてもフレンドリーで、もしハンブルクでIsemarktに行く予定がある人は是非一度立ち寄ってみてください。(←そんな人あまりと思うけど。苦笑)
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-06-29 15:49 | おいしいもの
甘〜い!
e0104027_15533992.jpgちょっとブログの休憩をしている間にすでに6月も終わろうとしています。月並みな言い方だけど本当に月日が経つのは早いですね。

帯状疱疹はすっかり良くなり、腱鞘炎の方はまだ痛みが残っているもののかなり回復。いやはや本当に健康であることはとても大切だと実感しました。調子が戻って来たのでまたぼちぼちと更新していきたいと思います。

さて話は全く変わりますが、この時期ドイツの市場(マルクト)は新鮮な野菜や果物であふれていて、行く度に毎回ワクワクしてしまいます。少し前までは白アスパラ、そして今はイチゴやさくらんぼだけを売るお店も出ています。そんな中、私が今の時期になるといつも楽しみにしているのが写真にある桃。ドイツではWildpfirsich(野桃)とか Bergpfirsich(山桃)という名前で売られています。
e0104027_1651014.jpgこの桃が程よく甘くておいしい!実はアメリカに住んでいるときに初めて食べた桃なんですが、私が良く買った八百屋さんでは『ドーナッツ桃』のような名前で売られていたと思います。アメリカらしい命名の仕方(笑)。この桃、日本人好みの味だと思うので、ドイツでなかなかおいしい桃が見つからないと思っていらっしゃる方は是非お試しください♪
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-06-27 15:50 | どいつの日常
健康第一
e0104027_0342961.jpg育児も4ヶ月目に入り軌道に乗って来たと思っていたら、思わぬ所に落とし穴。私の体がちょっと悲鳴をあげています。

まず最初は腱鞘炎。約2週間前から手首が痛いなと思っていたら案の定腱鞘炎になってしまいました。針治療してもらったりお医者さんで炎症止めの薬をもらったりしていたものの効果は全くなし。お医者さんは「一番の薬は手首を使わない事だけど、それは今は無理よね〜」と。全くその通り。無理です。痛みが引かないとアンくんを持ち上げたりするのが困難になってきたし、痛みをかばいながらアンくんを抱っこすると危なっかしいので思い切ってステロイドの注射を打ってもらう事に。できれば避けたかったこの選択。でもアンくんの世話をするのは私しかいないのでしょうがないと自分に言い聞かせています。さて効果はいかに。

そんな中、数日前からこめかみ辺りに虫さされのような痕ができました。蚊に刺された?(←ハンブルクにはまだ多分蚊はいない)と思っていたらこめかみから耳の下辺り一帯が腫れてきてびっくり。虫さされのような痕の周辺はチクチクと嫌な痛みが。お医者さん曰く「帯状疱疹ですね。」ということで飲み薬でウイルスと戦う事に。この薬のせいで混合ながら細々と続けて来た母乳も一時中断(涙)。原因は「ストレスでしょうね〜」とお医者さん。育児は確かに大変だけどストレスはそんなに感じてなかったんだけど?最近ではアンくんが寝ている間にいかに効率よく家事をこなし、いかに最速で料理ができるかという課題に挑戦するのが結構楽しくさえなっていたんですけど、確かに夜になると疲れがすごくて最後の授乳では居眠りしちゃうことも(笑)。ヨーイももちろん育児も家事も手伝ってくれますが平日は無理ですからね。

笑顔で仕事も料理も家事もこなしちゃう器の大きな女性が私の憧れなんですが、まだまだ修行が足りませんね〜。まずはこれを口実に手を抜ける所は(←すでに抜いてるからもうなかったりして)抜いてちょっとゆっくりする時間を作ろうかな。「ブログ書いてる時間あるし」とか言うツッコミはなしということで(笑)。健康第一。皆さんもお体大切に!
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-05-23 00:22 | つぶやき
新鮮キャベツ
e0104027_1734343.jpg


今の時期のドイツのマルクト(市場)は新鮮な野菜や果物であふれていて、見ているだけで楽しくなってしまいます。最近の私の楽しみはそんなマルクトで旬の野菜や果物と買う事。私の家の近くにはハンブルクの観光名所にもなっている約1kmにわたるヨーロッパ一長い(という噂の)マルクトが火曜日と金曜日に開催されています。平日開催のため働いている時はなかなか行く機会がなかったのですが、育休の今は週ニのペースで通いつめています。

八百屋、肉屋、魚屋、チーズ屋、パン屋、雑貨屋、花屋・・・とあらゆる種類の店が約200店。その中から質が良く値段が安い店を見極めるのは簡単ではありません。私が買う店を決める判断基準としているのは、有機栽培を扱っている及びハンブルク近郊農家の野菜を多く扱っているという点です。両方の条件を備えていて、なおかつお値段もお手頃という野菜を手に入れるのはなかなか難しいのですが、旬の野菜や果物を買えばお値段もお財布にやさしいし、なによりもおいしい!写真のキャベツは早朝にハンブルク近郊の畑で採れたキャベツ。周りの固い葉っぱ付きで売られていて家ではがしたのですが、みずみずしくてパリパリしていて甘くって、とてもおいしいキャベツでした。丸ごと一個軽く蒸して豚肉、パプリカ、タマネギと一緒に胡麻味噌だれで炒めて食べたらおいしかった〜。
[PR]
# by kuerbis19 | 2011-05-20 17:33 | ごはん