<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
健康第一
e0104027_0342961.jpg育児も4ヶ月目に入り軌道に乗って来たと思っていたら、思わぬ所に落とし穴。私の体がちょっと悲鳴をあげています。

まず最初は腱鞘炎。約2週間前から手首が痛いなと思っていたら案の定腱鞘炎になってしまいました。針治療してもらったりお医者さんで炎症止めの薬をもらったりしていたものの効果は全くなし。お医者さんは「一番の薬は手首を使わない事だけど、それは今は無理よね〜」と。全くその通り。無理です。痛みが引かないとアンくんを持ち上げたりするのが困難になってきたし、痛みをかばいながらアンくんを抱っこすると危なっかしいので思い切ってステロイドの注射を打ってもらう事に。できれば避けたかったこの選択。でもアンくんの世話をするのは私しかいないのでしょうがないと自分に言い聞かせています。さて効果はいかに。

そんな中、数日前からこめかみ辺りに虫さされのような痕ができました。蚊に刺された?(←ハンブルクにはまだ多分蚊はいない)と思っていたらこめかみから耳の下辺り一帯が腫れてきてびっくり。虫さされのような痕の周辺はチクチクと嫌な痛みが。お医者さん曰く「帯状疱疹ですね。」ということで飲み薬でウイルスと戦う事に。この薬のせいで混合ながら細々と続けて来た母乳も一時中断(涙)。原因は「ストレスでしょうね〜」とお医者さん。育児は確かに大変だけどストレスはそんなに感じてなかったんだけど?最近ではアンくんが寝ている間にいかに効率よく家事をこなし、いかに最速で料理ができるかという課題に挑戦するのが結構楽しくさえなっていたんですけど、確かに夜になると疲れがすごくて最後の授乳では居眠りしちゃうことも(笑)。ヨーイももちろん育児も家事も手伝ってくれますが平日は無理ですからね。

笑顔で仕事も料理も家事もこなしちゃう器の大きな女性が私の憧れなんですが、まだまだ修行が足りませんね〜。まずはこれを口実に手を抜ける所は(←すでに抜いてるからもうなかったりして)抜いてちょっとゆっくりする時間を作ろうかな。「ブログ書いてる時間あるし」とか言うツッコミはなしということで(笑)。健康第一。皆さんもお体大切に!
[PR]
by kuerbis19 | 2011-05-23 00:22 | つぶやき
新鮮キャベツ
e0104027_1734343.jpg


今の時期のドイツのマルクト(市場)は新鮮な野菜や果物であふれていて、見ているだけで楽しくなってしまいます。最近の私の楽しみはそんなマルクトで旬の野菜や果物と買う事。私の家の近くにはハンブルクの観光名所にもなっている約1kmにわたるヨーロッパ一長い(という噂の)マルクトが火曜日と金曜日に開催されています。平日開催のため働いている時はなかなか行く機会がなかったのですが、育休の今は週ニのペースで通いつめています。

八百屋、肉屋、魚屋、チーズ屋、パン屋、雑貨屋、花屋・・・とあらゆる種類の店が約200店。その中から質が良く値段が安い店を見極めるのは簡単ではありません。私が買う店を決める判断基準としているのは、有機栽培を扱っている及びハンブルク近郊農家の野菜を多く扱っているという点です。両方の条件を備えていて、なおかつお値段もお手頃という野菜を手に入れるのはなかなか難しいのですが、旬の野菜や果物を買えばお値段もお財布にやさしいし、なによりもおいしい!写真のキャベツは早朝にハンブルク近郊の畑で採れたキャベツ。周りの固い葉っぱ付きで売られていて家ではがしたのですが、みずみずしくてパリパリしていて甘くって、とてもおいしいキャベツでした。丸ごと一個軽く蒸して豚肉、パプリカ、タマネギと一緒に胡麻味噌だれで炒めて食べたらおいしかった〜。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-05-20 17:33 | ごはん
親切な?森のくまさん
e0104027_16525427.jpg 赤ちゃんにしては比較的いつもご機嫌なアンくんですが、夕方頃になると一日の疲れ(?)からかご機嫌が急降下。だっこしてもあやしても「ふぇ〜ん ふぇ〜ん」という感じで泣き止まない時があります。そんなときに効果てきめんなのが歌。なんでも良いからリズムをつけて歌にするとアンくんは徐々に泣き止んで興味津々で聞き入っています。

そんな中、せっかくなら日本の童謡を歌おうと思ってまず口をついてでてきたのが「森のくまさん」。「ある〜ひ もりのな〜か くまさ〜んに でああった はなさっくもっりのみっち〜 くまさ〜んにでああった〜」っと調子良く1番はクリアしたものの、2番からは???。童謡の歌詞って意外と忘れているものですね〜。私が一生懸命2番目の歌詞を思い出そうとして口をモゴモゴさせている間にアンくんの口がふにゃ〜とゆがんできて泣きモードに。慌ててインターネットで歌詞のチェックして全曲歌いきりました。ほっ。それ以来森のくまさんは私の十八番。いつも歌ってるからヨーイまで鼻歌で歌ってるほど(笑)。

それにしても森のくまさんの歌詞って不思議ですね。「くまさんの いうことにゃ おじょうさん おにげなさい ・・・・ 」というのが2番目の出だしなんですが、森の中で出会ったくまさんに(それだけで私なら逃げ出しますが)、「お逃げなさい」と言われるということは、背後に一体何が待っているのか・・・。優しい森のくまさんが仲間から守ってくれたのか。う〜ん、奥が深いミステリアスな歌詞です。

ヨーイにもアンくんが泣きそうな時は歌を歌うようにと言ってあるのですが、ヨーイはあまりドイツの童謡を知らない模様。昨日私が台所に居たときに居間から聞こえてきたのは・・・、赤鼻のトナカイ(苦笑)。まあいいんですけどね、とりあえず歌であれば今のところは。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-05-18 17:01 | アン太郎
お食い初め
e0104027_415716.jpg


日本を離れていてもアンくんにはできる限り日本の行事を体験させてあげたいなと思ってはいるものの、すぐに忘れてしまってなかなか実行に移せていない私。そんな中、最近よくお邪魔しているマルセイユ食堂 南仏楽笑伝のちび丸くんがお食い初めをしてもらっているのを見て、アンくんにもどうしてもこの行事をしてあげたくなりました。

お食い初めとは、皆さんご存知の通り、「一生食べる物に困る事がありませんように」という願いを込めて、生後100日(頃)の赤ちゃんに食事をする真似をさせる儀式の事。人生何があっても、まず美味しいものを食べることができる毎日が一番大切と信じて疑わない私は、アンにも食べ物に恵まれた人生を送って欲しい。そんな願いを込めて、生後100日からは数日過ぎたけれど(ここら辺からすでにかなりアバウト)今日やっとお食い初め儀式の決行となりました。

最初はドイツらしくじゃがいもでなんて考えていたのだけれど、マルクト(朝市みたいな市場)に行ったらとてもりっぱなDorade(鯛の一種)を見つけたので和食で頑張ってみる事に。赤飯の代わりに(?)炊き込みご飯。お吸い物の代わりにみそ汁。新鮮なほうれん草を見つけたのでおひたしに。

正式な儀式にはメニューや儀式の進行の仕方に色々と決まりがあるみたいだけれど、わが家は取りあえずこんなメニューで、順番とかバラバラですべての料理をアンくんに食べさせる真似をしてみました。かなりゆるゆる儀式。

アんくんの反応は・・・、
[PR]
by kuerbis19 | 2011-05-08 03:56 | アン太郎
雨ニモマケズ
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコワガラナクテモイイトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイイ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ


この詩を耳にするたびに、そして鼻がつーんとなるたびに、私は日本人だなと実感し、そういうものに私もなりたいと思う。
[PR]
by Kuerbis19 | 2011-05-05 05:20 | 言葉のチカラ
オリーブオイルと赤ちゃんの乾燥肌
e0104027_23231946.jpg ヨーイも私も乾燥肌でアレルギー肌。そんな両親を持ったアンくんも悲しい事に異常なほどの乾燥肌。本当にすごい乾燥肌で、服を脱がすと辺りに乾燥して剥がれた皮膚の粉が飛び散るほど(汗)。今までのところ至って健康なアンくんですが、ヨーイも私もこの乾燥肌の事がとても心配だったので、この前の3ヶ月検診の時に相談してみました。

小児科のお医者さんが勧めてくれたのは、沐浴時にお湯の中にオリーブオイルを数滴混ぜてみるということ。料理に使う普通のオリーブオイルで良いとの事だったので半信半疑で試してみたら、これが素晴らしく良いのです。すでに3回使ったのですが、アンくんの乾燥肌はかなり改善されました。ちなみに乾燥気味だった私の手もすべすべに。もちろん人(赤ちゃん)によって効果に違いはあると思いますが、試してみる価値大です。
[PR]
by Kuerbis19 | 2011-05-03 16:12 | アン太郎