<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
さつまいも!・・・?
e0104027_20313641.jpg


最近はグローバリゼーションのおかげで(あえてここではこう言いたい)、ドイツに居ても日本の食材の多くが手に入ります。しかしどうしても手に入らない食材ももちろんあり、その中の一つがさつまいも。ドイツにも一応Süßkartoffelという名でジャガイモとは違う種類の芋が売っているのですが、大抵皮の色がオレンジ色をしていて、日本のさつまいもとはほど遠い味。あの蒸したり、焼いたりした時のさつまいものほっこり感もとびっきりの甘みも全くありません。

前置きが長くなったのですが、昨日近くのアジア食材店に行った時になんと日本のさつまいものよう紫色の皮のSüßkartoffelを発見!もうすご〜く嬉しくて即購入。お店の人に産地がどこかを訪ねたら「南アフリカ」という答え。う〜ん、微妙。でもとりあえず家に帰って早速蒸してみました。写真を見る限り日本のさつまいもっぽくありません?でも・・・、味と食感は撃沈(悲)。ホクホク感が全くなく、甘みもありませんでした。なんだかすごくがっかり。

冒頭でも書きましたが、グローバリゼーションの影響で最近では世界中ある程度どこでも同じ物が手に入るようになりました。そんな中、ある特定の場所でしか手に入らない物達が少しぐらいはあってもいいのかな、と思ったりもして。

私のさつまいも探しはまだまだ続きそうです。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-01-10 19:42 | どいつ食材
使い捨てないということ

e0104027_23125174.jpg
受け継がれていくもの達



今日朝仕事にでかけたヨーイから「道がすご〜〜〜く滑りやすくなっているから、今日は特別な用事がない限り外出はしない方がいいと思うよ。」という自宅軟禁命令的な電話がかかってきました。今日は実はセールの買い物にでも行こうと思っていた私はがっくり。その後用事でわが家に来た知り合いにも同じような忠告を受け、今日の外出はお預けとなりました(悲)。

さて家で何をしようと色々考えて、今日は銀製品磨きの日とすることに決定。この銀製品磨きは、やったらやっただけの成果がすぐ現れるので嫌いじゃないんですが、結構面倒くさいので、なかなか手を付けられないのが本当のところ。

わが家には自分たちで購入した銀食器は一つもありませんが、ヨーイのおばあさん、大叔母さん達から形見として受け継いだ銀食器と銀でコーティングされた食器がいくつかあります。どれも皆長年の歳月を通して、ヨーイの家族が大切に使用してきた物達。私達のもとでも大切に使って、子供達に受け継いでいけたらと思います。

ちなみに一番最初の写真のスプーン2本は、私とヨーイが婚約した時にヨーイ両親からプレゼントしてもらった物。ヨーイ父家で使用されていたものだそうで、裏に私とヨーイのイニシャルを入れてくれました。こういうプレゼントって素敵だなと思います。

e0104027_2334584.jpg左の写真のスプーンはヨーイの大叔母様からの形見で私のお気に入りの一つ。

ドイツの文化で素敵だなと思うのは、家にしても、食器にしても、家具にしても、古いものを大切に後世に受け継いでいこうとする姿勢。ドイツにももちろん使い捨て文化が広まりつつあるのですが、こういった素晴らしい文化を何とか継承していってほしいなと思います。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-01-05 23:07 | どいつの日常
LOST
e0104027_2274455.jpg
ヨーイが有休消化で年末年始一週間ほど休暇を取っていたのですが、私のお腹が大きいこともあり特に遠出をせず家で地味に過ごしていました。そんな私達の今の楽しみは、LOSTというアメリカのテレビシリーズのDVDを見ること。数年前からはまっていたのですが、最近最終シーズンのDVDボックスが発売になり早速購入して二人で興奮して毎晩テレビにかじりついています(笑)。話が複雑すぎてあらすじを手短に説明するのは不可能なのですが、冒険ミステリーものと表現するのが一番ぴったり来るような内容の話。話が次から次へとつながっているので、一度見始めるとなかなか止められないのが欠点。毎日二人で「今日は絶対一話だけでおしまいね」と言いながら三話くらい見て、夜更かししています。

それにしても、テレビシリーズ物なのに、かなり質の高い脚本、特殊効果そして俳優を揃えているところは、さすがアメリカ。まあ話に「ヒーロー」的な存在を欠かせないのもさすがアメリカという感じですが。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-01-02 22:09 | 映画館
あけましておめでとうございます。

e0104027_21283969.jpg
やっと太陽が顔を見せてくれました。



あっという間に2011年が始まってしまいました。時間は待ってと言っても待ってくれない。当たり前だけど。出産が目の前に迫って、早く赤ちゃんの顔を見たいような、もうちょっとこの時間を楽しんでいたいような、複雑な心境の私です。

Kuerbis家では今年は静かに新年を迎えました。例年のパーティーもせず、二人だけでまったりと迎えた新年。今年、我が家にとっての本当の新年は赤ちゃんの誕生と共にやってくるようです。

新年を迎えてからハンブルクでは最高気温2度前後の比較的暖かい日が続いています。太陽もちょっと顔を出してくれたり、青空も雲の隙間からちらほら。こんな天気がしばらく続いてくれるといいのだけど・・・。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-01-01 21:15 | どいつの日常