<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Tuesdays with Morrie
e0104027_1855011.jpgTuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, And Life's Greatest Lesson (Doubleday)
Mitch Albom / / Anchor Books




引き続きもう一つ読書日記です。

これは実話で、著者と著者が大学時代に出会った恩師Morrie(モリー)の会話の実録のような本です。

著者はある日、恩師MorrieがALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気におかされ余命いくばくもないことを知ります。その日から心理学者である恩師モリーと著者の最後の授業が始まりました。

著者とモリーは毎火曜日に会い人生について語り合う。家族、愛、後悔、年老いるとは、そして死とはなにか。人を許すとは、文化とは、結婚とは?幅広いテーマに渡り、自身の経験を踏まえてモリーがある時は明確な回答を示し、ある時は著者に(私達に)問いかける。

話の進行とともにモリーの病状は悪化していきます。そんな中でモリーの現状を受け入れるポジティブな態度、死に対する前向きな姿勢、モリーとの授業を通じて成長する著者の態度には色々と考えさせられるものがあります。

良くありがちな死を題材とした「お涙ちょうだい話」になりがちな話を、モリーの知性と独特なヒューモアを織り交ぜることによって、心温まる話になっていると思います。だけどやっぱり最後の章では泣いちゃいました・・・。

ドイツでは英語の原書しか手に入らなかったので私は原書を読みましたが、日本でも翻訳されているようです。原書の英語も口語が多用されているのでとても読みやすいと思います。

ちなみに日本語訳の本の題名はモリー先生との火曜日です。
[PR]
by kuerbis19 | 2008-01-05 01:24 | 読書
The Alchemist
e0104027_1905918.jpgThe Alchemist
Paulo Coelho / / Harper San Francisco












かなり前に読んだ本で、感想もかなり前のものなのですが、自分の記録的に記事にしてみました。

**************

これは数年前にアメリカ、ヨーロッパでベストセラーになっていた本です。おそらく日本でも多分売れた翻訳本の一つなのでは?私は天邪鬼で、巷で人気がある物にはあまり手を出さないので、今までこの本を手にする機会がなかった。最近長めの休暇を取ったので、沢山本を持っていきたいと思って本屋に行った。ドイツの本屋で手に入る英語の本はやはり限られている。そんなちょっと狭い選択肢の中で、ぱらぱらと何冊かを拾い読みしていてこの本に目が留まった。

まず最初の感想は、「読みやすい!」休暇に行ってまで難しい英文学の本など読みたくないけれど、これは本当に読みやすい英語の本だと思う。

話はスペインとエジプトを舞台にしたファンタジー。スペインからエジプトを旅する間に起こる様々な経験を通して、主人公の少年が成長していく。夢とは何か、勇気とは何か、人生、そして愛とは何か。とても難しいテーマを少年の成長に上手く織り交ぜている。ハッピーエンドのお話で読み終わり感は「さわやか」。

色々と自分の生き方や将来のことを考えながら読んだので、私にとってはとても印象に残る本となりました。

読み終わった後で、この本から何かを学べるか、それとも「そんなこと言っても所詮小説は小説、現実は現実」と思うか。それは本人次第と言うところでしょうか。
[PR]
by kuerbis19 | 2008-01-04 01:19 | 読書
お正月

e0104027_5523063.jpg
中華風雑煮



明けましておめでとうございます。皆さんはどんな年末年始を過ごされましたでしょうか?
わが家はいつもながら、大晦日は家でJo妹カップルとその友人達とで夜明けまでパーティー。元日は二日酔いという日本ではありえない年末年始を過ごしました。

ドイツでは新年のカウントダウンと共に各自で打ち上げ花火(だけじゃないですが)をするのが慣習。なので私達ももちろん花火もしましたよ。私はどちらかと言うと日本の除夜の鐘が鳴り響く静かな大晦日が好きなので、正直に言うとドイツの年越しはあまり好きではありません。だけどまあ郷に入れば郷に従えで、どうせならなんでも楽しんでしまえという性格の私は、気が付くと氷点下の中真夜中にロケット花火に火を付けておりました・・・。あはは。

さて写真の雑煮。というかこれが雑煮かどうかはかなり疑問ですが、わが家の今年の雑煮です。餅はなんとか近くのアジア系スーパーで入手。今年は普通のドイツのスーパーで手に入る食材で雑煮を作ると決めていました。

というわけでスーパーで鶏もも肉と白菜、人参、青ねぎを購入。ドイツでは鶏もも肉は骨つきで売られているので、まず丸ごと鶏もも肉をゆでて出汁を取り、鶏肉を取り出し身だけにほぐして、だし汁をこし、野菜をいれ中華風に味付けをし、最後に鶏肉をスープに戻し、カリカリに焼いた餅にスープをかけるように注いで出来上がり。かなり邪道ですが、鶏の出汁がとてもよく出てお餅にとてもよく合う味でした。

もともと雑煮は日本でも地方もしくは家庭によって味が様々。だからこんななんちゃって雑煮をドイツで作っていても良いのではないかと、ポジティブシンキングのKuerbisは考えております。
[PR]
by kuerbis19 | 2008-01-03 05:51 | どいつごはん