<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
そんな・・・。

e0104027_5125978.jpg
気球に乗ってどこかに行ってしまいたいなぁ、なんて。



一生懸命先週末に行ったプチ旅行の記事を書いたのに、送信ボタンを押すのを忘れて全て消えてしまいました。脱力。非情な世の中ですよね、ホントに。その幻の記事はまた気が向いたら書くかもしれません。書かない可能性大ですが。あはは。

とりあえず元気に毎日働いております。持ち前の図太い神経で色々なことを乗り切っていますが、自分のドイツ語力の無さにちょっと落ち込み気味の日々。私のドイツ語力ではオフィスではまだまだ通用しないのです。所詮2年間で培ったドイツ語力なんて微々たる物。応用が効かないんですよ、とっさの時の応用が。

電話に出て伝言を言付けられても、ドイツ人の苗字がさっぱり覚えられませんから(笑)。何回聞きなおしても全く聞き取れないんですよね、ドイツ人の名前。あはは。いや笑ってる場合じゃないんですがね。幸い同僚のドイツ人達は基本的には良い人たちなので助けられてなんとか頑張ってます。

でも逆に言えばもっと経験を積んで、ドイツ語をもっと磨けばチャンスはかなりあるというのがはっきりしている訳なんですよね。だから今は失敗をおそれずに(いや、会社の人は失敗なんてして欲しくないんでしょけどね)、どんどん挑戦して失敗から学んでいこうと思ってます。夜間コースでビジネスドイツ語でも学ぼうかなぁとも企み中。

それにしてもやっぱり自分で自分のお金を稼ぐのって楽しい!この仕事に就く前に他の仕事もしていたのですが、定期的な収入ではなかったし、金額もおこずかい程度でした。だからやっとヨーイと同じくらいの収入になって、もうヨーイに頼った(経済的に)生活をしなくてもいいと思うとすごく嬉しい。ヨーイは別に嫌がっていなかったけれど私がなんだかいやだったんですよね。やっぱり経済的自立って精神的な自立にどこかで繋がっていると思うんです。

私は別に「女性も社会に出て働かなければ」という固定観念は持っていないけれど、経済的に自立することで得られる精神的な余裕って女性にとって案外大切なのではと思うのです。まあ人それぞれ考えは違うし、子供がいればまた事情は違ってくるだろうし、一概には言えませんけれど。な~んて、ちょっと真面目に語ってしまいました。

さあ明日も頑張ろう、自分。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-09-19 05:04 | どいつの日常
ドイツの文化を学ぶ

e0104027_56367.jpg
ドイツについて学んでみよう!



ドイツではここ数年移民問題がさかんに論議されていて、あの手この手で移民がドイツの文化や生活に早くなじめるようにと(少しでもドイツ語を学んでドイツ社会に溶け込んでくれるように)頑張っています。

ドイツではトルコからの移民が大変多く、ドイツ国内各地域にたくさんのトルコ人コミュニティーがあります。多くのトルコ人はそのコミュニティーの中でだけ生活をするので、ドイツ語を学ぶ必要がなく、トルコ人としての価値観だけで生活できます。しかしそうなると、彼らの子供達がドイツの学校に通い始めると色々と問題が出てきたり、どうしてもトルコ人のコミュニティーの中だけで閉鎖的に暮らしてしまうことになります。それにトルコ人社会での地位がまだまだあまり高くないトルコの女性達の人権問題もあります。

こういう問題が背景にあり、ドイツ政府は躍起になって移民のためのサービスを展開しているわけです。そしてその一つがIntegrationskursという移民のコースです。これは語学のコース600時間とドイツの文化や生活について学ぶコース30時間の合計630時間からなるコース。EU以外の国からドイツへ移住してくる人達はこのコースを取るように政府から奨励されています。義務では無いのですが、数年後には義務になるかもしれないという事で(しかも時間数が900時間に延長されるという事で)、今のうちにこのコースを履修するように強く薦められました。

私は語学のコース600時間は免除されたので(ドイツ語が中級程度話せる人は語学コースは免除されます)、30時間のドイツ文化のコースだけを履修することになりました。

っと、ここまでが前置きだったんですが(長っ)、今日からそのコースが始まりました。一日5時間×6日間連続の集中講座です。生徒は全員で25人くらい。日本人は私一人で、後はポーランド、カナダ、アフガニスタン、コロンビア、セネガル、中国、タイ、ベラルーシ、チュニジア、イラク、トルコという本当に国際色豊かな顔ぶれが揃ったクラスです。

e0104027_5343698.jpg教科書はこんな感じで、ドイツの文化や地理、政治の仕組み、生活習慣等を学んでいきます。政治の仕組みの詳細とか知らないこともあるんですが、2年間もドイツで生活して普通に新聞やテレビのニュースを見ていれば、だいたい知っている常識的なことばかりを習っているという感じです。正直言って結構つまらない(笑)。あっ、ドイツの州の名前は未だに覚えられませんが。

生徒達は皆陽気で面白いのだけれど、誰かがすでに聞いた質問を他の人たちが何度も質問したり、勝手に口々に喋って他の人の話が聞こえなかったり、すごく的を外れた質問をする人がいたりして、なんだか中学校の教室にいるみたいです。平均年齢は30歳くらいなんですけれどね(笑)。

人間ウォッチングをするには最適の環境にいるようなので、それぞれの国のお国柄なんかをじっくりと観察したいと思ってます♪
[PR]
by kuerbis19 | 2007-09-05 05:05 | どいつの日常
夏から秋へ

e0104027_20373140.jpg
秋刀魚ではありませんが・・・・。



今年のハンブルグの夏は本当に短かった。というか夏なんてあったのか、と突っ込みたくなるくらい短い短い夏だった。先週辺りから外出時に薄手のジャケットを手放すことができなくなっています。

そんな短い夏にお別れを告げるべく、先日バルコニーで最後のバーベキューをしました。今回はマルクトで新鮮な鯖が手に入ったので鯖のバーベキュー。それとその端っこでソーセージ達も少し。(魚と肉を一緒に焼くのか、という突っ込みはなしということで・・・)

ドイツではベランダでバーベキューをすると文句を言われたり、禁止されたりしているようだけれど、私達が住んでいる所は若い人たちが多いのでこういう事には寛容で嬉しいです。

夏から秋へと徐々に表情を変えつつあるハンブルグですが、この秋私の生活にも変化が訪れそうです。実は職を探していたのですが、最近一社からオファーをいただきました。私が勉強してきた心理学に関連した仕事ではないのですが、語学が活かせる職場なので頑張ってみたいと思います。久しぶりにフルタイムで働くからちょっと緊張気味ですが。あはは。

働き始めるのはもう少ししてからですが、その前に今週から来週にかけて移民のためのコースに30時間出席しなければなりません。その件はまた後日改めて書きたいと思います。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-09-01 20:59 | どいつの日常