<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ご飯がススム味

e0104027_1954272.jpg
ご飯!ごはん!ゴハン!



私はドイツ在住ですがご飯を良く食べます。ゴハン星人かつパスタ星人の私が夕食を作ると、炭水化物はたいていご飯かパスタになるのです。そんなゴハン星人にはたまらないおかずが、味噌しょうが焼き。これ簡単で美味しすぎ。自画自賛ですが。

作り方は簡単。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-27 19:02 | ごはん
またもう少し大人になりました♪
e0104027_1553043.jpg

誕生日ケーキのろうそくを吹き消すのはいくつになっても楽しいものです。



また一つ年を重ねました。年齢を特に隠すつもりはありませんが、ブログではミステリアスでいたいのであえて幾つになったかは言わないでおこうと思います。あはは。(結局隠してるのか?)

このケーキはヨーイが焼いてくれました。誕生日にはこのマーブルケーキ(中はチョコと普通の生地の二色だからマーブルケーキ)を焼くのがヨーイ実家では恒例となっています。だから私達もその伝統を引き継いで、お互いの誕生日にはマーブルケーキを焼くことにしています。

ヨーイの仕事の都合で午前中に時間があったので、ヨーイ両親も呼んでブランチをしました。私はブランチ大好きで、色々なレストランやホテルの朝食(ブランチ?)に行くのが趣味なんです。今日はそんな経験も踏まえて豪華なブランチにしてみました。

メニューは・・・、
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-24 01:42 | つぶやき
おふくろの味

e0104027_3172928.jpg
ご飯がすすみます。



炒り豆腐ってとってもなつかしい味がすると思いませんか?なんだか安心するような味。おかしなことに、私の母は炒り豆腐を一度も作ったことがありません。なのに私にとってはおふくろの味なんですよね。不思議です。ドイツに住んでいるけれど、こういう「ほっとする味」はいつまでも作り続けて、私の子供にとってのなつかしの味になってくれたらいいなと思います。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-20 03:14 | ごはん
ヴェネツィア 2

e0104027_0463195.jpg
ヴェネツィアのへそ サン・マルコ広場



はりきって旅の続きの報告です。と言ってももうあまり書くことがないんですが。あはは。実は私達、この旅の50%くらいを道に迷って過ごしました。ヴェネツィア、道わかりにくいです。普段から地図担当は私なんですが、もう一番詳細に載っている地図を使っても、地図に載っていない細い道が一杯あってお手上げ。道行く人に聞いてみたらイタリア語で沢山説明してくれて、もう身振りも手振りも加えて説明してくれましたが、全く理解できませんでした(泣)。でも道に迷った分素敵な出会いがあったからよしとしましょう。

その素敵な出会いとは・・・、
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-18 01:18 | おでかけ
ヴェネツィア

e0104027_1205273.jpg
水の都へ



式の二日後、ヨーイご両親からの結婚プレゼントのヴェネツィア旅行に出かけてきました。といっても私が住むハンブルグからは飛行機でたった一時間20分。時差もなし。通貨も一緒。あまり外国に旅行に行っている気がしませんでした。

初イタリア旅行にとてもワクワク。お小遣いもいっぱいもらったので美味しいものをいっぱい食べるぞ~、と意気込んで旅にでかけました。このときはまだヴェネツィアの物価がおそろしく高いことを知らず、あれも食べたいな、これも食べたいなとルンルンわくわくのKuerbisでした。

旅の様子はこちらから。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-16 01:25 | おでかけ
という訳で・・・、
今日結婚しました。私はキリスト教徒ではないので、市役所で結婚式をあげました。(ドイツでは教会婚と市役所婚があります。)ドイツの市役所では結婚式をする専用の部屋があります。綺麗な花で飾り付けしてあってその部屋だけは役所らしくありません。市役所の職員の人が少し結婚にまつわる話をしてくださって、立会人の下、書面にサインをし、指輪を交換して、チューをしておしましい。所要時間約15分。ドイツ語が理解できなかったらどうしようと少し不安でしたが問題なく終了しました。職員の人もユーモアを交えて進行してくれたので、緊張しすぎずに済みました。

長いので続きはこちらから
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-06 01:21 | つぶやき
ずっと
e0104027_7115572.jpg

明日お嫁に行ってきます。



誰かと人生を共にする決心をするというのは、想像以上に大変なことでした。悩んだり、迷ったり。泣いたり、笑ったり。だけどやっと二人で出した答えは、ずっと一緒にいることでした。

明日はずっと一緒にいるための一歩。あさってもずっと一緒にいるための一歩。ずっと一緒にいる為に、毎日一歩ずつ二人でゆっくり歩いていけたらいいなと、明日を目の前に感傷的になっているKuerbisは思うわけであります。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-05 22:09 | つぶやき