カテゴリ:おでかけ( 10 )
コンサートの夜
先週の金曜日のことになりますが、久しぶりにお友達と夜おでかけしました。かれこれ4ヶ月ぶり。お出かけ先はハンブルクでクラッシックコンサートを聴く定番の場所Laeiszhalleです。日本でもクラッシックコンサートはたまに聴きに行っていたのですが、ハンブルクに来てからお手軽な値段のコンサートが結構あることもあり日本にいた時よりは頻繁に行くようになりました。今回はなんと日本からのオーケストラアンサンブル金沢を聴きに行きました。

題目は武満徹、モーツァルト、ベートーベンという構成。モーツァルトはKonzert für Klavier und Orchester A Dur KV 488で菊池洋子さんというピアニストの方との共演。ベートーベンはSinfonie Nr7 A Dur op.92でした。アンサンブルというくらいなのでオーケストラに比べると迫力は劣るものの、弦楽器の音色が非常にきれいで重厚でとても素敵な演奏でした。指揮者の井上道義が非常にユーモアに溢れていて、とても楽しそうに指揮棒を振っていたのもとても印象的でした。

会場の入りは満席ではなかったものの8割以上の席は埋まっていました。お客さんの受けは全体的にとても良かったようです。アンコールは2回あったのですが、そのうちの一つが「上を向いて歩こう」でした。東日本大震災へのドイツからの援助に対するお礼の言葉が指揮者からありこの演奏へとつながったのですが、なんだか心にジーンときた演奏でした。指揮者の人が「日本のポップミュージックです」って紹介していたのにはちょっと笑ってしまいましたが。(まあポップミュージックの部類に入ると言えば入るんでしょうけど)

久しぶりのコンサートの夜を堪能しました。またぜひ面白いコンサートを見つけて出かけたいと思います。よろしくね、ベビーシッター・ヨーイ君!
[PR]
by kuerbis19 | 2011-08-01 19:30 | おでかけ
さむ~~~い散歩
e0104027_3213064.jpg


寒い日が続くここ北ドイツ。昨日の日曜日は日中でも最高気温が氷点下8度位までしかあがりませんでした(泣)。そんなさむ~~~い日なのに、わが家の散歩に行きたがるドイツ人に仕方が無いので付き合って、エルベ川の川岸を散歩してきました。かなり厚着をして出かけたのだけれど、それでも、とっても、とっても、とっても寒くって、足の指先も手先も痛いくらいに冷たくなって、「悪いけどギブアップ」と言って、半時間ほど散歩した後レストランで魚を食べて帰ってきました。

エルベ川ってかなり大きな川なんですけれど、写真でも見ていただける通り、その水面が凍って氷が水面に漂っているんです。そりゃ寒いわ♪

でも極寒の外から帰ってきて、家で暖房をつけて温かい紅茶を飲んだら、その寒暖のギャップが以外に素敵だな☆なんて思い始めてしまった私は、ちょっとドイツ人化しているのでしょうか・・・。あぶない、あぶない。
[PR]
by kuerbis19 | 2010-01-25 03:20 | おでかけ
常春の島

e0104027_3222515.jpg
楽園に咲く花



引越し直後ではありますが、色々な事情で今年は今この時期にしか休暇が取れないKuerbis家は、短い休暇に出かけておりました。本当はやっぱり今年は休暇なしで・・・とも思ったのですが、わが家のドイツ人の強い希望で(と人のせいにしておく)、ポルトガル領の北大西洋上に浮かぶマデイラ島にラストミニッツで行ってまいりました。

いつもならキッチン付きのApartmentを借りるのですが、今回は短期間なのでホテルに滞在することに。そのホテルがすごく素敵でした。サービスは満点で、テラスで取る朝食も、付属のレストランもとても美味しくて(値段もすごかったが)、付属のプールもとても綺麗で、何よりも付属の大庭園が素晴らしかった。庭を散策したり、プールサイドで昼寝したり、本を読んだり。短い期間だったけれど、ヨーイも私も心身ともにとてもリラックスできました。私が今まで宿泊した中で一番満足がいくホテルだったと思います。

マデイラ島は常春の島と呼ばれている(あっ、マリネラ王国じゃありませんから。っていうかマリネラ王国を知っている人が何人いるのか・・・。)だけあり、花と緑があふれています。2000m弱級の山もあり、素敵なハイキングコースも沢山あります。私達も2つのハイキングコースを回りました。

ヨーロッパに住んでいて、短期間だけどのんびりリラックスしたいと思っている人にとって、このホテルは最適なのではと思います。日本からだと残念ながらちょっと遠すぎますが・・・。私達はラストミニッツで予約できたので、正規の約40パーセント割引の料金で宿泊できました。あまりにも気に入ったので皆さんにも紹介したくて記事にしてみました。客層はイギリス人60%、フランス人20%、ドイツ人20%といったところでしょうか。どちらかというとご年配のカップルが多かったですが、30代のカップル、もしくは子供連れ家族も見かけました。


Hotel Quinta Jardins do Lago


e0104027_337267.jpg

















e0104027_3375376.jpg
[PR]
by kuerbis19 | 2009-07-10 03:07 | おでかけ
夏だ!キャンプだ!

e0104027_2239133.jpg
キャンプってなんだかわくわくしませんか?



またブログから遠ざかっていました。なんだか最近色々とバタバタしているKuerbisです。ハンブルグは最近天気がかなり悪く、肌寒い日が続いております。40度を記録するような猛暑が続く日本に比べると、なんだか嬉しいんだか悲しいんだか。かなり複雑な感じです。

そんなハンブルグの悪天候を忘れる(?)ためにも、今日は約10日ほど前に行った友人達と行ったキャンプの様子をお届けします。

こちらからどうぞ
[PR]
by kuerbis19 | 2007-08-12 22:05 | おでかけ
Pietzmoor (ピーツ湿原)

e0104027_712899.jpg
空気がとってもキレイです。



先週末からハンブルグはとても良い天気がつづいています。先月中雨が降っていたといっても過言ではないくらい雨が多かったここハンブルグ。せっかくの天気の良い週末だったので、二人とも何かしたくてウズウズ。本当ならキャンプに行きたかったんだけど、一緒に行こうといっていた友人達の都合が悪くしぶしぶ来週に延期になりました。(来週末晴れるのかどうかはかなり怪しいんですけど)

それじゃあ近場でハイキングをしようということで、ハンブルグから車で50分くらいの所にあるPietzmoor(Lueneburgの近く)という湿原にハイキングに行ってきました。Pietzは地名で(たぶん)、moorはドイツ語で湿原という意味です。あまり訳にたたないドイツ語なので覚える必要は無いようにおもわれますが。

ここには6kmくらいのハイキングコースがあります。私達は10km以上のハイキングによく行くのでちょっと物足りなかったんですが、それでも景色が素敵だったので楽しめました。

この地帯はHeide(日本名:ヒース)という花が咲くことでも有名です。本当は8月の終わりから9月始め辺りがHeideのシーズンらしいですが、今年はもう咲き始めていて綺麗でした。

自然の中でゆっくりと色々話をしながら歩いていたら、本当に本当に幸せでした。こういう時間をいつまでも持ち続けることができたら私の人生は最高だなと思いました。安上がりな人生ですね。あはは。

写真はこちらから
[PR]
by kuerbis19 | 2007-08-04 05:32 | おでかけ
ヴェネツィア 2

e0104027_0463195.jpg
ヴェネツィアのへそ サン・マルコ広場



はりきって旅の続きの報告です。と言ってももうあまり書くことがないんですが。あはは。実は私達、この旅の50%くらいを道に迷って過ごしました。ヴェネツィア、道わかりにくいです。普段から地図担当は私なんですが、もう一番詳細に載っている地図を使っても、地図に載っていない細い道が一杯あってお手上げ。道行く人に聞いてみたらイタリア語で沢山説明してくれて、もう身振りも手振りも加えて説明してくれましたが、全く理解できませんでした(泣)。でも道に迷った分素敵な出会いがあったからよしとしましょう。

その素敵な出会いとは・・・、
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-18 01:18 | おでかけ
ヴェネツィア

e0104027_1205273.jpg
水の都へ



式の二日後、ヨーイご両親からの結婚プレゼントのヴェネツィア旅行に出かけてきました。といっても私が住むハンブルグからは飛行機でたった一時間20分。時差もなし。通貨も一緒。あまり外国に旅行に行っている気がしませんでした。

初イタリア旅行にとてもワクワク。お小遣いもいっぱいもらったので美味しいものをいっぱい食べるぞ~、と意気込んで旅にでかけました。このときはまだヴェネツィアの物価がおそろしく高いことを知らず、あれも食べたいな、これも食べたいなとルンルンわくわくのKuerbisでした。

旅の様子はこちらから。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-07-16 01:25 | おでかけ
夏の夜の楽しみ方
e0104027_553337.jpg

わが街の夏の風物詩



私が住むハンブルグの夜は長い。というか夕方が長い。夏至の頃になると夜10時過ぎまで外が明るいのです。だから平日でもアフターファイブ(しご)を外で楽しむ人たちが多い。そして必然的に夏の長い夕方を楽しめるような催し物も沢山。

写真で紹介したのは、この街で5月から9月にかけて毎日開催される噴水と光のショー。街の中心部にある公園(兼植物園)で開催されます。

音楽(ジャズ、クラッシック、ポップミュージック等が日替わりで)に合わせての噴水と光のショーがかなりのスケールで展開されます。約20分間(たぶん)繰り広げられるショーは、こんなに素敵なのに入場料無料。ここポイント高いです。

上演開始時間は午後10時とちょっと遅めですが(そうじゃないと外がまだ明るくて光が楽しめない)、私達はこの公園から自転車で15分くらいの所に住んでいるので、気が向いたら自転車でひとっ走りしてショーを楽しんでいます。

こういう粋な計らいをしてくれるこの街が結構好きです。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-06-12 06:03 | おでかけ
しばし日本へ

e0104027_23351983.jpg


春がいっぱい



ここの所ドイツは暖かくなっていたのに、先週末からまた肌寒い日が続いてます。地方によっては雪も降っているようで・・・。ここハンブルグでも水曜日の天気予報では雪マークが。最高気温も1℃だそうで。そんな水曜日に久しぶりに5週間の予定で日本に帰ります。うほほ、楽しみ。

日本に帰るのは約2年ぶりだけど、春の季節に日本に居たのはかれこれ7年くらい前。春は一番好きな季節だから、久しぶりに日本の春を満喫して来たいと思います。でもなんだか日本も最近かなり寒いらしいですが?3週間後にヨーイが合流する頃にはぽかぽかの春がやってきていると嬉しいな。

今回はなんと言っても一月に生まれたばかりの甥と初対面というビッグイベントが。写真では何回も見たけれど、やっぱり早くこの手で抱っこしたい!後は親戚に結婚の報告も(ってまだ結婚してないけど事前報告ということで。笑)。

明日は用事があるので今日中に荷造りを、と思って意気込んだのも束の間、約30分で終了。スーツケースも半分が埋まったくらいでまだまだスペースが(お土産を含めても)。いつもながら何故か荷物が少ない私。実家に滞在するからあまり物を持っていく必要無いからかな。でもこれくらいで丁度いいのかも。日本で色々調達したいものもあるし。

ここ数日は日本の友達と連絡とって会う日程を決めたりして、徐々にテンションが上がり気味。ヨーイと3週間会えないのはつらいけれど・・・。そしてこうやって日本行きを快くサポートしてくれる彼に感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:コメントで文中の表現(小春日和の使い方)について教えてくださった方どうもありがとうございます。

小春日和 → 小春(暖かで春に似ているから言う陰暦10月の異称)の頃の暖かい日和
<第五版 広辞苑 岩波書店 より>

いや、日本人としてお恥ずかしい・・・・。あはは。
いやそれにしても新しいブログ始まって初めていただいたコメントが間違い訂正という、なんとも前途多難なブログ。ははは。こんなブログでも懲りずにまた遊びに来てくださいね~。
[PR]
by kuerbis19 | 2007-03-19 23:33 | おでかけ
Amrum週末旅行
e0104027_0355095.jpg

Amrum島


3月3日から2泊3日でAmrum島という北海に浮かぶ小さな島を訪れました。とにかく静かでゆっくり出来る所に行きたい、というヨーイの要望で選んだこの島。本当に小さくて、全長9キロメートルしかありません。しかも今はオフシーズンなので観光客もまばらで本当に静かでした。

私の住むハンブルグからだと、車でDagebuellという港まで行き(約2時間)、そこに車を置いて、Amrum行きのフェーリーに乗るの(約2時間)が一番便利だと思います。

島には北ドイツならではの伝統的な葦葺き(ワラじゃなくてアシ)の家々が沢山残っていて、なんともメルヘンチック。島の約三分の一を占める真っ白な砂浜がまるで雪のようでした。一日目は快晴な上にとても暖かくてびっくり。二日目は打って変わってびっくりするくらいの濃い霧。だけどこの霧がビーチをとても幻想的にしてくれました。

写真はこちらから
[PR]
by kuerbis19 | 2007-03-05 00:23 | おでかけ