カテゴリ:どいつごはん( 3 )
パスタみたいなドイツの麺
e0104027_44971.jpge0104027_4495954.jpg







今日はヨーイの夕ご飯当番の日。ヨーイが作ってくれるときは私がほとんど料理しないものが食卓に登場するから非常に楽しい。写真はGulaschというハンガリーの煮込み料理にSpätzleというドイツの麺(かなり短いけれど)を添えたもの(添えたというか下敷きになっているけれど)。
小麦粉が原料で食感や味的にはパスタみたいな感じ。乾燥麺で売っていてパスタのように茹でて食べます。麺星人の私にとって、大好きなドイツの炭水化物系食材の一つです。
[PR]
by kuerbis19 | 2010-01-05 04:27 | どいつごはん
お正月

e0104027_5523063.jpg
中華風雑煮



明けましておめでとうございます。皆さんはどんな年末年始を過ごされましたでしょうか?
わが家はいつもながら、大晦日は家でJo妹カップルとその友人達とで夜明けまでパーティー。元日は二日酔いという日本ではありえない年末年始を過ごしました。

ドイツでは新年のカウントダウンと共に各自で打ち上げ花火(だけじゃないですが)をするのが慣習。なので私達ももちろん花火もしましたよ。私はどちらかと言うと日本の除夜の鐘が鳴り響く静かな大晦日が好きなので、正直に言うとドイツの年越しはあまり好きではありません。だけどまあ郷に入れば郷に従えで、どうせならなんでも楽しんでしまえという性格の私は、気が付くと氷点下の中真夜中にロケット花火に火を付けておりました・・・。あはは。

さて写真の雑煮。というかこれが雑煮かどうかはかなり疑問ですが、わが家の今年の雑煮です。餅はなんとか近くのアジア系スーパーで入手。今年は普通のドイツのスーパーで手に入る食材で雑煮を作ると決めていました。

というわけでスーパーで鶏もも肉と白菜、人参、青ねぎを購入。ドイツでは鶏もも肉は骨つきで売られているので、まず丸ごと鶏もも肉をゆでて出汁を取り、鶏肉を取り出し身だけにほぐして、だし汁をこし、野菜をいれ中華風に味付けをし、最後に鶏肉をスープに戻し、カリカリに焼いた餅にスープをかけるように注いで出来上がり。かなり邪道ですが、鶏の出汁がとてもよく出てお餅にとてもよく合う味でした。

もともと雑煮は日本でも地方もしくは家庭によって味が様々。だからこんななんちゃって雑煮をドイツで作っていても良いのではないかと、ポジティブシンキングのKuerbisは考えております。
[PR]
by kuerbis19 | 2008-01-03 05:51 | どいつごはん
じゃがいもスープ
e0104027_123128.jpg

じゃがいもスープ


いや、非常にそのままのタイトルで申し訳ないんですが・・・、ドイツの典型的な家庭料理「じゃがいもスープ」です。Joの仕事の関係でどうしても食べるのが遅くなりがちな我が家の最近の夕ごはんは「軽めに、だけど温かいものを」がテーマなので、スープ類がよく登場します。スープって本当に簡単でいいですよね。野菜も沢山食べれるし、体は温まるし、消化もいいし。このスープはジャガイモが沢山入っているのでこのスープだけで結構お腹が一杯になります。スープ以外に何を食べるかって?いや本当にスープだけの夕ご飯です。母には絶対こんな事言えません(笑)。

レシピはこちらから
[PR]
by kuerbis19 | 2007-02-21 01:21 | どいつごはん