カテゴリ:こころの話( 1 )
Worrying is living 'what if', life is what is.
e0104027_20155721.jpg


Worrying is living 'what if', life is what is.

あるアメリカ人のお医者さんが、日本からの放射線の影響に過剰に反応しすぎているアメリカ人達にむけて発していた言葉です。私なりにかなり乱暴に訳してみると、「心配とは、『もしも』の世界を生きるという事。人生とは現実を生きるという事。」こんな感じでしょうか。まったく同感します。

悩みは免疫システムや脳の働きを低下させ、更には現実の生活能力を低下させてしまいます。非常時に一番大切なのは、まず今に集中し、できる限りこれまでの生活習慣を続けていく事。心配事があるときにこそ、いつものように朝食を食べ、いつものように会社に行き、いつものように歯を磨き、いつものように・・・。簡単な事ではありませんが、この最低限の習慣を保つ事が、私達の精神状態を保つ働きを助けてくれるのです。こういった、最低限の生活習慣さえも続行する事ができない人達が、一刻も早くその一部を取り戻せる日が来る事を願ってやみません。
[PR]
by kuerbis19 | 2011-04-08 21:02 | こころの話