<< Frida Die Geschichte ... >>
じゃがいもスープ
e0104027_123128.jpg

じゃがいもスープ


いや、非常にそのままのタイトルで申し訳ないんですが・・・、ドイツの典型的な家庭料理「じゃがいもスープ」です。Joの仕事の関係でどうしても食べるのが遅くなりがちな我が家の最近の夕ごはんは「軽めに、だけど温かいものを」がテーマなので、スープ類がよく登場します。スープって本当に簡単でいいですよね。野菜も沢山食べれるし、体は温まるし、消化もいいし。このスープはジャガイモが沢山入っているのでこのスープだけで結構お腹が一杯になります。スープ以外に何を食べるかって?いや本当にスープだけの夕ご飯です。母には絶対こんな事言えません(笑)。





【材料】(4人分)
<スープ用>
ジャガイモ・・・約800g(中くらいの大きさで7個くらい)
人参・・・中3本
ポロねぎ(Porree)・・・1本
Knollensellerie(球根セロリ?)・・・半分
玉ねぎ・・・中2個
ローリエ・・・4枚
水・・・約1リットル
野菜ブイヨン・・・大匙2杯
生クリーム・・・100ml

コショウ(できれば挽きたての)
ナツメグ(できればおろしたての)
油又はバター

<スープの具用>
ブラウンマッシュルーム(手に入ればPfifferlinge)・・・約200g
玉ねぎ・・・1個
パセリ
ウインナー(Wiener Wuerstchen)・・・日本のウインナーなら8本くらい、Wiener Wuerstchenなら4本
油又はバター

【作り方】
①(スープ用とスープの具用両方の)野菜とマッシュルームは洗い、ジャガイモ、球根セロリ、人参、玉ねぎの皮をむき、それぞれサイコロサイズに切る。マッシュルームをスライスする。
②大き目の鍋に油を入れ中火にかける。そこに玉ねぎをいれ透明になるまで炒める。
③球根セロリと人参も入れ炒める。
④そこにジャガイモと水を入れ少し煮立たせ灰汁を取る。
⑤④に野菜ブイヨンとローリエを入れ約20分煮る。
⑥その間にポロねぎの準備をする。ポロねぎは緑の硬い部分を取り除き、軸の部分を半分に切り良く洗う。(泥が中まで入り込んでいる場合があります)そして約1cmくらいに刻む。
⑦刻んだポロねぎを20分くらい煮たスープに入れ、更に10分くらい煮る。
⑧2/3くらいの具を⑦からボールに取り出し、ハンドミキサーでピューレ状にする。そこに生クリーム100mlを加える。
⑨⑧を鍋に戻し残りの具とスープに混ぜ、ナツメグと塩、コショウで味を整え、さらに10分くらい煮る。
⑩その間にフライパンに油を熱し、スープの具用の玉ねぎとマッシュルームを炒める。
⑪日本のウインナーを使う場合は鍋でゆでておく。Wiener Wuerstchenを使用する場合はゆでる必要なし。
⑫⑩とウインナー又はWiener Wuerstchenをスープに入れて5分ほど煮る。
⑬スープを更に盛りつけ、刻んだパセリを振りかけて出来上がり。


注①:水の量はトロリとしたスープが良いか、さらっとしたスープが良いかによって分量を調節してください。このレシピはトロリとしたスープのレシピになってます。

注②:球根セロリが手に入らなければ、なしで作ってもオッケー。

注③:具はお好みで、ブロッコリーやインゲン、グリンピースを使ってもおいしいです
[PR]
by kuerbis19 | 2007-02-21 01:21 | どいつごはん
<< Frida Die Geschichte ... >>